APAMAN株式会社のEnergy 事業|リーズナブルな電気料金が魅力

大村浩次についてアパマンショップの経営者というイメージだけを強く持っている人は、Energy 事業も行っていることに驚かれるかもしれません。
ただ、不動産と電力などのエネルギーはなくてはならないものといえるでしょう。大村浩次が考えるEnergy 事業とはなにか詳細をチェックしましょう。

APAMANでんきによる電力小売業

2017年11月1日大村浩次が代表のAPAMAN株式会社は、子会社のApaman Energy株式会社による家庭向け、電圧電力供給サービスの提供を発表しました。「APAMANでんき」と名付けられた電力小売業サービスによって、アパマンショップの管理物件に入居している人、また部屋を探している人はリーズナブルな電気料金で電力を利用できるようになったようです。このことで、利用者は最高で電気料金最大5割引になるケースも出てきたそうです。

APAMAN株式会社は、元々グループの事務所や直営店舗やオーナー物件に対し、電力供給の取次紹介を、事業の一環として行っていたそうです。APAMANでんきは一歩先に進んだ事業といえるでしょう。

他にも、電気料金を家賃と一緒に引き落としができるサービスや、申込書に記入するだけの簡易さも魅力でしょう。

背景には電力自由化があります

大村浩次が電力事業をはじめたのは、電力自由化が背景にあるそうです。もともと電気は東京電力や中部電力など各エリアに政府の認可を受けた電力会社が独占的に小売をしていた分野です。そのため、他企業が電力を小売したいと考えても大きな壁に阻まれていたという背景があるようです。

しかし大きな壁は2016年4月の電力自由化によって崩れました。電力を独占的に小売していた電力会社以外の企業が参入できることになり、消費者は自分の判断によって電力会社を選べるようになったのです。

APAMANでんきによる電気料金は入居者のメリットが多い

一人暮らしの光熱費のうち、電気料金は20代を想定すると、一カ月平均で約3,000円~4,000円ともいわれています。もちろん家族数人で生活している場合、電気料金が1万円近くになるのも珍しくはないでしょう。

日常生活において電気は欠かせないものになっています。照明器具を筆頭に、テレビやパソコン、冷蔵庫やレンジなどはコンセントを差しっぱなしになっている家庭がほとんどでしょう。夏や冬になれば休日ではエアコンを一日中使っている方もいるのではないでしょか。

電力という分野はなくてはならない存在になっており、自社で電力を提供できるようになったアパマンショップの賃貸物件に入居するメリットは非常に大きいといえるでしょう。

リーズナブルな電気料金で入居できるのが魅力です

APAMAN株式会社がエネルギー事業、つまり電力事業に乗り出したのは電力自由化が大きいといえます。電力事業化がなければ、電力事業は一部電力会社の独占事業で入り込むスキはなかったでしょう。
家庭向け低電力供給サービスにより、アパマンショップの管理物件入居者は、リーズナブルな電気料金で利用できるメリットは生活においてもメリットが大きいそうです。