安心して入居できるための取り組み|24時間365日のサポート

入居者がアパマンショップを選ぶ基準として、その高い知名度が挙げられます。それ以外にも、充実したサービスを受けられるかどうかチェックしているようです。
大村浩次が経営するAPAMAN株式会社のアパマンショップでは、入居者が安心して生活できるためのサービスを提供しており、安心入居サポートなどがありますが、どのようなサービスなのでしょうか?具体的に見てみましょう。

24時間駆けつけサービスで安心!
アパマンショップは安心入居サポートとして、24時間365日サポートを行っています。日々の生活の中、ちょっとしたミスが大きなトラブルにつながってしまうことも少なくありません。生活するうえではカギの紛失、水周り、ガラスが割れるといったトラブルはつきものでしょう。
特にカギの紛失や水周りの問題は、一刻も早く解決をしなければ、部屋に入れない、水が止まらなくて部屋が水浸しになる可能性があります。アパマンショップでは、24時間365日によるサポート体制によって、トラブルが生じるとすぐに駆けつける体制が整っているそうです。
入居したときはあまり考えないことでも、いざ起きたらアタフタしてしまうトラブルはたくさんあります。しかし安心入居サポートの存在を知れば、安心して入居できるといえるでしょう。

カギやガラスのトラブルによるお困りをサポート!
安心入居サポートではカギやガラスのトラブルサポートに対応しています。カギの紛失で部屋に入れない、外出先にカギを忘れたなどでも大丈夫なようです。自動車では自動車のカギをさし、ドアを閉めてインロック状態になることもあります。この場合、自動車の中に家の鍵まで置いていたらどうしようもありません。そんなときでも、駆けつけてくれるそうです。
ガラスのトラブルにも対応してくれます。泥棒の被害にあったのか、家に帰るとガラスが割られていたらどうでしょうか。泥棒がいなくても心理的不安は大きくなります。また、台風や地震などの自然災害もガラスが割れる原因といえます。ヒビが入って今にも割れそうなときも、アパマンショップは応急処置に駆けつけてくれるそうです。

水周りや在宅確認のサポート体制も万全
昼夜関係なく水周りでトラブルが起きればパニックになるでしょう。蛇口から水が漏れているとなれば、水浸しになるのはもちろん、階下の人への影響や水道代も考えて夜も眠れなくなっても不思議ではありません。
またトイレのタンクが故障をすれば流すことができず、衛生面でも問題があります。排水のどこかでなにかが詰まってしまい、水が流れなくなるのもよくある水周りのトラブルでしょう。洗濯機を購入し、蛇口につなげたいけれどやり方が分からないなんてこともあるでしょう。
ほかにも一人暮らしをしているお子様に電話をかけても出なければ「なにかあったのだろうか?」とご両親の立場では心配になるものです。そんなときもアパマンショップが駆けつけて確認してくれます。安心入居サポートがあれば、日々の生活を安心して暮らせるようです。

安心できる理由がある大村浩次が展開するアパマンショップ
アパマンショップは、入居者が快適に暮らすための工夫やアイディアを反映しており、そこには大村浩次の考え方が反映されているといわれています。そのひとつが、安心入居サポートといえるでしょう。大村浩次とアパマンショップは、入居者個々人が何を求めているのかを知り、ニーズに沿って経営をしているそうです。

おすすめサイト→→→大村浩次-ホーム|Facebook