保証人不要物件の提供|入居しやすくなる保証会社の紹介

大村浩次が代表取締役社長であるAPAMAN株式会社のプラットフォーム事業となるアパマンショップでは、保証人不要の物件を複数取り扱っています。

賃貸契約を結ぶとき、通常、連帯保証人など必要でしたが世の中の変化により徐々に不要という物件も出てきましたそうです。大村浩次が経営者であるアパマンショップの保証人不要物件について解説します。

賃貸契約で必要となる保証人とはなにか?

賃貸契約を結ぶとき、一般的には連帯保証人が求められます。連帯保証人とは賃貸契約をした借主が家賃の滞納など、なにかしらの責任を負えない状態になったとき、代わりに負う人となります。オーナー側にとって、家賃の滞納などは死活問題になりかねません。オーナーはリスクを減らすため、契約時、借主に対して連帯保証人を求めるのです。

連帯保証人は、借主が負うはずだった責任を引き受けなければなりません。「軽く考えてなっただけ」というのは、法的拘束力があるため通用しないのが連帯保証人になることの大きなリスクででしょう。

そのため、連帯保証人が見つからず、賃貸物件に入居できない人は少なくありません。通常は親や親戚に頼むのですが、いない人もいるようです。しかしアパマンショップでは、連帯保証人不要の物件も多く取り扱っているとのことです。

連帯保証人が不要な物件のカラクリ

アパマンショップでは、保証人不要物件を多く取り扱っています。注意しなければならないのは、本当に連帯保証人が一切不要というわけではないという点でしょう。
アパマンショップでは、連帯保証人が見つからない方のため、個人の代わりに保証人の代行を行う第三者機関の保証会社を紹介してくれるそうです。
入居者は保証会社に保証料を支払うことで利用できるようです。

通常、入居には審査が必要です。入居審査では、人柄などもチェックされるのですが、一番の問題は家賃を滞納しないかどうか、それだけの収入があるかどうかとなります。

保証会社は連帯保証人の代わりとなりますから、オーナーにとってはリスクや心配事が減り入居できる可能性も高くなるといいます。

保証会社の利用に問題があるならアパマンに相談

よほど問題がない限り、保証会社の審査は通るそうです。問題として挙げられるのは、過去、すでに保証会社との間でトラブルが起きたというケースです。入居したい賃貸物件が見つかっても過去にトラブルを起こした保証会社を紹介された場合、審査に通らない可能性は十分にあるようです。

訴訟や夜逃げをしたといった悪質なトラブルを起こした方も注意が必要だといわれています。全国保証協会という協会により家賃の滞納や夜逃げのトラブルについては情報共有がされているそうです。

保証会社を利用する場合、保証料を支払う必要があるのも忘れてはいけません。保証料は家賃の数%が一般的ですので、その点も考慮して用意が必要となります。どれだけの費用がかかるのか、事務手続きに関しても、アパマンでは誠実に対応してくれるそうです。

連帯保証人不要の物件を豊富に取り扱う大村浩次のアパマンショップ

アパマンショップでは第三者機関の保証会社を入れることで、連帯保証人不要の物件を多く取り扱っているそうです。この取り組みも、大村浩次が目的とする賃貸住宅仲介業店舗数NO1を維持するための重要な戦略と考えられるでしょう。

大村浩次が社長メッセージでも伝えているように、価値の高いサービスの提供の一助になっています。