オーナーと入居者を守るサービス|家財保険・修理保険や保険の紹介

代表取締役社長大村浩次がトップを務めるアパマンショップに入居をする魅力として、各種保険に対応してくれる点は無視できないでしょう。大村浩次は安心して生活するための環境づくりとして、保険の代理店業務、家財保険などを付帯、関連サービスとして提供しています。

安心のためにも万が一の備えは重要です。保険の紹介もしてくれます

アパマンショップでは家財保険など付帯、関連サービスとして提供しています。また、代理店として火災保険の紹介なども行っているようです。入居者にとってもオーナーにとっても保険は重要でしょう。

賃貸契約で入居していたアパートなどで火災が起きれば、大家であるオーナーに対し、多額の賠償責任が生じます。火事により隣家に延焼して損害が生じても、起こしてしまった人には、放火など不法行為をしたのでなければ失火責任法により損害賠償は生じないそうです。ただ、オーナーに対しては重大な過失がなくても、損害賠償責任が生じるそうです。

賃貸契約の場合、原状回復義務がありますが、できなければ債務不履行となり、損害賠償となります。失火責任法は適用されませんから過失の大小に関わらず火事を起こした人に賠償責任が生じるというわけだそうです。アパマンショップに頼めば代理店として各種保険の紹介を受けられるようです。

高価な家財を守るために必要な家財保険

風災害をはじめ、火災や落雷や盗難などの突発的な問題は対処が困難な場合も少なくありません。

APAMAN株式会社では事故によって生まれた家財損害について補償をする家財保険や、入居物件によって意図的ではなく偶然の事故によって損壊したときの修理費用保険などの提案もしてくれるとのことです。

賃貸物件の場合、家財保険が必要となる場面として想定できるのは、上階からの水漏れでしょう。水漏れにより例えば高価なパソコンや家電が損害を受けることはあるでしょう。

落雷についても、電化製品が壊れる原因として珍しくありません。アパマンショップは家財保険などを通し生活を守っているそうです。

入居時に物件が壊れたときに補償をしてくれる修理費用保険

修理費用保険なども賃貸契約を結ぶときには重要といわれます。修理費用保険とはなにかしらの原因で入居物件が損壊した場合、補償を受けられます。水漏れや火災、爆発、さらに空き巣などの侵入では、ガラスが割られる、玄関のドアロックが壊されるなども想定できるトラブルでしょう。

その場合、借主が自分で修理をした場合、補償の対象となります。法律上では損害賠償責任を負うというものではありません。賃貸借契約次第では必要となる保険が修理費用保険といえます。

家財保険や修理保険は万が一に備える重要な保険です

大村浩次が経営するAPAMAN株式会社は、さまざまな分野のビジネスを手がけています。家財保険や修理費用保険などは、不動産や賃貸事業にも関連する事業でしょう。大村浩次はアパマンショップを保険の代理店としても機能しているようです。これも入居者とオーナーを守る重要なサービスといえるでしょう。