APAMAN株式会社の通信事業とは?賃貸事業のノウハウを活かしたサービス

APAMAN株式会社では2009年に通信サービス会社である株式会社エイエス・コミュニケーションズを設立し2010年に通信事業の取次を本格的にスタートしたことを発表しました。

大村浩次の創業時の経歴にはWEBやクラウドなどITを提供する企業という点があるようです。大村浩次の通信事業についてご紹介します。

株式会社エイエス・コミュニケーションズとは?

アパマンショップグループのひとつ株式会社エイエス・コミュニケーションズは通信サービス会社だそうです。2020年現在、インターネットは各家庭に普及し、賃貸物件にもすでに通信インフラが設置されているケースも珍しいものではなくなりました。

他の通信サービス会社では見られないエイエス・コミュニケーションズの強みは、アパマンショップの賃貸事業で培ったノウハウがあるという点でしょう。強みを基にし、顧客個々人がなにを求めているか、ニーズに合わせた通信サービスの提案や提供をしています。同時に、通信サービスを通じて不動産の価値を向上させる取り組みを行っているそうです。

通信サービスの提供やインターネット・コムプレートの設置

賃貸物件など部屋を探しにきた顧客に対する通信サービスの提案を行っているそうです。最適な通信サービスの情報を専用コールセンターから紹介しているのが特色でしょう。

不動産店舗はもとより通信キャリアとの連携もスムーズに行っているそうです。そのため、入居をしてから長時間かからず通信サービスを利用できるようです。

インターネット・コムプレート事業も、主な事業のひとつでしょう。共用部分や室内に、さまざまなキャリアに対応可能なインターネット・コムプレートを設置します。インターネット・コムプレートは、24時間受付可能なQRコードが付いており入居中の顧客に対し通信サービスの申込み窓口の案内サービスも行っており、物件に対応した最適な通信サービスの紹介を行う事業を展開中だそうです。

WEB事業やインアウト事業も展開中

エイエス・コミュニケーションズではWEB事業やインアウト事業も行っているそうです。通信サービスの販売サイト運営、アパマンショップドットコムサイト、固定、モバイルなど幅広い通信サービスを提供する事業だそうです。

通信サービスもさまざまなものが出ており、悩んだときに最適な通信サービスを紹介してくれるそうです。

インアウト事業では、アパマンショップグループの賃貸物件に契約した顧客に対し、契約更新、退去時に商材や通信サービスを案内するサービスだそうです。このように、APAMAN株式会社では、株式会社エイエス・コミュニケーションズを通じて通信事業を展開しているようです。

ITを活用し不動産の質的向上を模索

インターネットが普及した現在、さまざまな通信サービスがあふれています。大村浩次はITを活用した不動産の質的向上に貢献したいという想いから、APAMAN株式会社を設立したそうです。大村浩次が通信事業を行うのも決して不思議ではないでしょう。