安心して入居できるための取り組み|24時間365日のサポート

入居者がアパマンショップを選ぶ基準として、その高い知名度が挙げられます。それ以外にも、充実したサービスを受けられるかどうかチェックしているようです。
大村浩次が経営するAPAMAN株式会社のアパマンショップでは、入居者が安心して生活できるためのサービスを提供しており、安心入居サポートなどがありますが、どのようなサービスなのでしょうか?具体的に見てみましょう。

24時間駆けつけサービスで安心!
アパマンショップは安心入居サポートとして、24時間365日サポートを行っています。日々の生活の中、ちょっとしたミスが大きなトラブルにつながってしまうことも少なくありません。生活するうえではカギの紛失、水周り、ガラスが割れるといったトラブルはつきものでしょう。
特にカギの紛失や水周りの問題は、一刻も早く解決をしなければ、部屋に入れない、水が止まらなくて部屋が水浸しになる可能性があります。アパマンショップでは、24時間365日によるサポート体制によって、トラブルが生じるとすぐに駆けつける体制が整っているそうです。
入居したときはあまり考えないことでも、いざ起きたらアタフタしてしまうトラブルはたくさんあります。しかし安心入居サポートの存在を知れば、安心して入居できるといえるでしょう。

カギやガラスのトラブルによるお困りをサポート!
安心入居サポートではカギやガラスのトラブルサポートに対応しています。カギの紛失で部屋に入れない、外出先にカギを忘れたなどでも大丈夫なようです。自動車では自動車のカギをさし、ドアを閉めてインロック状態になることもあります。この場合、自動車の中に家の鍵まで置いていたらどうしようもありません。そんなときでも、駆けつけてくれるそうです。
ガラスのトラブルにも対応してくれます。泥棒の被害にあったのか、家に帰るとガラスが割られていたらどうでしょうか。泥棒がいなくても心理的不安は大きくなります。また、台風や地震などの自然災害もガラスが割れる原因といえます。ヒビが入って今にも割れそうなときも、アパマンショップは応急処置に駆けつけてくれるそうです。

水周りや在宅確認のサポート体制も万全
昼夜関係なく水周りでトラブルが起きればパニックになるでしょう。蛇口から水が漏れているとなれば、水浸しになるのはもちろん、階下の人への影響や水道代も考えて夜も眠れなくなっても不思議ではありません。
またトイレのタンクが故障をすれば流すことができず、衛生面でも問題があります。排水のどこかでなにかが詰まってしまい、水が流れなくなるのもよくある水周りのトラブルでしょう。洗濯機を購入し、蛇口につなげたいけれどやり方が分からないなんてこともあるでしょう。
ほかにも一人暮らしをしているお子様に電話をかけても出なければ「なにかあったのだろうか?」とご両親の立場では心配になるものです。そんなときもアパマンショップが駆けつけて確認してくれます。安心入居サポートがあれば、日々の生活を安心して暮らせるようです。

安心できる理由がある大村浩次が展開するアパマンショップ
アパマンショップは、入居者が快適に暮らすための工夫やアイディアを反映しており、そこには大村浩次の考え方が反映されているといわれています。そのひとつが、安心入居サポートといえるでしょう。大村浩次とアパマンショップは、入居者個々人が何を求めているのかを知り、ニーズに沿って経営をしているそうです。

おすすめサイト→→→大村浩次-ホーム|Facebook

保証人不要物件の提供|入居しやすくなる保証会社の紹介

大村浩次が代表取締役社長であるAPAMAN株式会社のプラットフォーム事業となるアパマンショップでは、保証人不要の物件を複数取り扱っています。

賃貸契約を結ぶとき、通常、連帯保証人など必要でしたが世の中の変化により徐々に不要という物件も出てきましたそうです。大村浩次が経営者であるアパマンショップの保証人不要物件について解説します。

賃貸契約で必要となる保証人とはなにか?

賃貸契約を結ぶとき、一般的には連帯保証人が求められます。連帯保証人とは賃貸契約をした借主が家賃の滞納など、なにかしらの責任を負えない状態になったとき、代わりに負う人となります。オーナー側にとって、家賃の滞納などは死活問題になりかねません。オーナーはリスクを減らすため、契約時、借主に対して連帯保証人を求めるのです。

連帯保証人は、借主が負うはずだった責任を引き受けなければなりません。「軽く考えてなっただけ」というのは、法的拘束力があるため通用しないのが連帯保証人になることの大きなリスクででしょう。

そのため、連帯保証人が見つからず、賃貸物件に入居できない人は少なくありません。通常は親や親戚に頼むのですが、いない人もいるようです。しかしアパマンショップでは、連帯保証人不要の物件も多く取り扱っているとのことです。

連帯保証人が不要な物件のカラクリ

アパマンショップでは、保証人不要物件を多く取り扱っています。注意しなければならないのは、本当に連帯保証人が一切不要というわけではないという点でしょう。
アパマンショップでは、連帯保証人が見つからない方のため、個人の代わりに保証人の代行を行う第三者機関の保証会社を紹介してくれるそうです。
入居者は保証会社に保証料を支払うことで利用できるようです。

通常、入居には審査が必要です。入居審査では、人柄などもチェックされるのですが、一番の問題は家賃を滞納しないかどうか、それだけの収入があるかどうかとなります。

保証会社は連帯保証人の代わりとなりますから、オーナーにとってはリスクや心配事が減り入居できる可能性も高くなるといいます。

保証会社の利用に問題があるならアパマンに相談

よほど問題がない限り、保証会社の審査は通るそうです。問題として挙げられるのは、過去、すでに保証会社との間でトラブルが起きたというケースです。入居したい賃貸物件が見つかっても過去にトラブルを起こした保証会社を紹介された場合、審査に通らない可能性は十分にあるようです。

訴訟や夜逃げをしたといった悪質なトラブルを起こした方も注意が必要だといわれています。全国保証協会という協会により家賃の滞納や夜逃げのトラブルについては情報共有がされているそうです。

保証会社を利用する場合、保証料を支払う必要があるのも忘れてはいけません。保証料は家賃の数%が一般的ですので、その点も考慮して用意が必要となります。どれだけの費用がかかるのか、事務手続きに関しても、アパマンでは誠実に対応してくれるそうです。

連帯保証人不要の物件を豊富に取り扱う大村浩次のアパマンショップ

アパマンショップでは第三者機関の保証会社を入れることで、連帯保証人不要の物件を多く取り扱っているそうです。この取り組みも、大村浩次が目的とする賃貸住宅仲介業店舗数NO1を維持するための重要な戦略と考えられるでしょう。

大村浩次が社長メッセージでも伝えているように、価値の高いサービスの提供の一助になっています。

オーナーと入居者を守るサービス|家財保険・修理保険や保険の紹介

代表取締役社長大村浩次がトップを務めるアパマンショップに入居をする魅力として、各種保険に対応してくれる点は無視できないでしょう。大村浩次は安心して生活するための環境づくりとして、保険の代理店業務、家財保険などを付帯、関連サービスとして提供しています。

安心のためにも万が一の備えは重要です。保険の紹介もしてくれます

アパマンショップでは家財保険など付帯、関連サービスとして提供しています。また、代理店として火災保険の紹介なども行っているようです。入居者にとってもオーナーにとっても保険は重要でしょう。

賃貸契約で入居していたアパートなどで火災が起きれば、大家であるオーナーに対し、多額の賠償責任が生じます。火事により隣家に延焼して損害が生じても、起こしてしまった人には、放火など不法行為をしたのでなければ失火責任法により損害賠償は生じないそうです。ただ、オーナーに対しては重大な過失がなくても、損害賠償責任が生じるそうです。

賃貸契約の場合、原状回復義務がありますが、できなければ債務不履行となり、損害賠償となります。失火責任法は適用されませんから過失の大小に関わらず火事を起こした人に賠償責任が生じるというわけだそうです。アパマンショップに頼めば代理店として各種保険の紹介を受けられるようです。

高価な家財を守るために必要な家財保険

風災害をはじめ、火災や落雷や盗難などの突発的な問題は対処が困難な場合も少なくありません。

APAMAN株式会社では事故によって生まれた家財損害について補償をする家財保険や、入居物件によって意図的ではなく偶然の事故によって損壊したときの修理費用保険などの提案もしてくれるとのことです。

賃貸物件の場合、家財保険が必要となる場面として想定できるのは、上階からの水漏れでしょう。水漏れにより例えば高価なパソコンや家電が損害を受けることはあるでしょう。

落雷についても、電化製品が壊れる原因として珍しくありません。アパマンショップは家財保険などを通し生活を守っているそうです。

入居時に物件が壊れたときに補償をしてくれる修理費用保険

修理費用保険なども賃貸契約を結ぶときには重要といわれます。修理費用保険とはなにかしらの原因で入居物件が損壊した場合、補償を受けられます。水漏れや火災、爆発、さらに空き巣などの侵入では、ガラスが割られる、玄関のドアロックが壊されるなども想定できるトラブルでしょう。

その場合、借主が自分で修理をした場合、補償の対象となります。法律上では損害賠償責任を負うというものではありません。賃貸借契約次第では必要となる保険が修理費用保険といえます。

家財保険や修理保険は万が一に備える重要な保険です

大村浩次が経営するAPAMAN株式会社は、さまざまな分野のビジネスを手がけています。家財保険や修理費用保険などは、不動産や賃貸事業にも関連する事業でしょう。大村浩次はアパマンショップを保険の代理店としても機能しているようです。これも入居者とオーナーを守る重要なサービスといえるでしょう。

APAMAN株式会社の通信事業とは?賃貸事業のノウハウを活かしたサービス

APAMAN株式会社では2009年に通信サービス会社である株式会社エイエス・コミュニケーションズを設立し2010年に通信事業の取次を本格的にスタートしたことを発表しました。

大村浩次の創業時の経歴にはWEBやクラウドなどITを提供する企業という点があるようです。大村浩次の通信事業についてご紹介します。

株式会社エイエス・コミュニケーションズとは?

アパマンショップグループのひとつ株式会社エイエス・コミュニケーションズは通信サービス会社だそうです。2020年現在、インターネットは各家庭に普及し、賃貸物件にもすでに通信インフラが設置されているケースも珍しいものではなくなりました。

他の通信サービス会社では見られないエイエス・コミュニケーションズの強みは、アパマンショップの賃貸事業で培ったノウハウがあるという点でしょう。強みを基にし、顧客個々人がなにを求めているか、ニーズに合わせた通信サービスの提案や提供をしています。同時に、通信サービスを通じて不動産の価値を向上させる取り組みを行っているそうです。

通信サービスの提供やインターネット・コムプレートの設置

賃貸物件など部屋を探しにきた顧客に対する通信サービスの提案を行っているそうです。最適な通信サービスの情報を専用コールセンターから紹介しているのが特色でしょう。

不動産店舗はもとより通信キャリアとの連携もスムーズに行っているそうです。そのため、入居をしてから長時間かからず通信サービスを利用できるようです。

インターネット・コムプレート事業も、主な事業のひとつでしょう。共用部分や室内に、さまざまなキャリアに対応可能なインターネット・コムプレートを設置します。インターネット・コムプレートは、24時間受付可能なQRコードが付いており入居中の顧客に対し通信サービスの申込み窓口の案内サービスも行っており、物件に対応した最適な通信サービスの紹介を行う事業を展開中だそうです。

WEB事業やインアウト事業も展開中

エイエス・コミュニケーションズではWEB事業やインアウト事業も行っているそうです。通信サービスの販売サイト運営、アパマンショップドットコムサイト、固定、モバイルなど幅広い通信サービスを提供する事業だそうです。

通信サービスもさまざまなものが出ており、悩んだときに最適な通信サービスを紹介してくれるそうです。

インアウト事業では、アパマンショップグループの賃貸物件に契約した顧客に対し、契約更新、退去時に商材や通信サービスを案内するサービスだそうです。このように、APAMAN株式会社では、株式会社エイエス・コミュニケーションズを通じて通信事業を展開しているようです。

ITを活用し不動産の質的向上を模索

インターネットが普及した現在、さまざまな通信サービスがあふれています。大村浩次はITを活用した不動産の質的向上に貢献したいという想いから、APAMAN株式会社を設立したそうです。大村浩次が通信事業を行うのも決して不思議ではないでしょう。

APAMAN株式会社のEnergy 事業|リーズナブルな電気料金が魅力

大村浩次についてアパマンショップの経営者というイメージだけを強く持っている人は、Energy 事業も行っていることに驚かれるかもしれません。
ただ、不動産と電力などのエネルギーはなくてはならないものといえるでしょう。大村浩次が考えるEnergy 事業とはなにか詳細をチェックしましょう。

APAMANでんきによる電力小売業

2017年11月1日大村浩次が代表のAPAMAN株式会社は、子会社のApaman Energy株式会社による家庭向け、電圧電力供給サービスの提供を発表しました。「APAMANでんき」と名付けられた電力小売業サービスによって、アパマンショップの管理物件に入居している人、また部屋を探している人はリーズナブルな電気料金で電力を利用できるようになったようです。このことで、利用者は最高で電気料金最大5割引になるケースも出てきたそうです。

APAMAN株式会社は、元々グループの事務所や直営店舗やオーナー物件に対し、電力供給の取次紹介を、事業の一環として行っていたそうです。APAMANでんきは一歩先に進んだ事業といえるでしょう。

他にも、電気料金を家賃と一緒に引き落としができるサービスや、申込書に記入するだけの簡易さも魅力でしょう。

背景には電力自由化があります

大村浩次が電力事業をはじめたのは、電力自由化が背景にあるそうです。もともと電気は東京電力や中部電力など各エリアに政府の認可を受けた電力会社が独占的に小売をしていた分野です。そのため、他企業が電力を小売したいと考えても大きな壁に阻まれていたという背景があるようです。

しかし大きな壁は2016年4月の電力自由化によって崩れました。電力を独占的に小売していた電力会社以外の企業が参入できることになり、消費者は自分の判断によって電力会社を選べるようになったのです。

APAMANでんきによる電気料金は入居者のメリットが多い

一人暮らしの光熱費のうち、電気料金は20代を想定すると、一カ月平均で約3,000円~4,000円ともいわれています。もちろん家族数人で生活している場合、電気料金が1万円近くになるのも珍しくはないでしょう。

日常生活において電気は欠かせないものになっています。照明器具を筆頭に、テレビやパソコン、冷蔵庫やレンジなどはコンセントを差しっぱなしになっている家庭がほとんどでしょう。夏や冬になれば休日ではエアコンを一日中使っている方もいるのではないでしょか。

電力という分野はなくてはならない存在になっており、自社で電力を提供できるようになったアパマンショップの賃貸物件に入居するメリットは非常に大きいといえるでしょう。

リーズナブルな電気料金で入居できるのが魅力です

APAMAN株式会社がエネルギー事業、つまり電力事業に乗り出したのは電力自由化が大きいといえます。電力事業化がなければ、電力事業は一部電力会社の独占事業で入り込むスキはなかったでしょう。
家庭向け低電力供給サービスにより、アパマンショップの管理物件入居者は、リーズナブルな電気料金で利用できるメリットは生活においてもメリットが大きいそうです。